無料ブログSEO対策
ブログのSEO対策を個人的にこっそり書いていこうと思います。対策は必要ないけどそんなサイトだということです。
TOP:無料ブログSEO対策
seo
google
相互リンク
yst対策
キーワード
サイト構成
最近更新SEO関連の記事一覧
googleとystのインデックス  ystの順位変動  キーワードの重みづけ  内部リンクの構成  これからどうするか  hタグの重み  hタグ  検索順位チェック1000  googleサイトマップ導入方法  yst変動  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関連カテゴリー:スポンサー広告
googleとystのインデックス
どんなサイトでもインデックスされてなければ、存在しないページということになります。

googleとystのインデックスのされ方は、大きく違うような思います。

ystはとりあえずスパムでなければガンガンインデックスされていきます。

googleはある程度リンクがないとインデックスされないように思います。そして、バックリンクの質によってその量が変わってくるようです。

googleは12/11にバックリンクが大きく増えました。それは、隠していた部分を出したということもいえるかも知れませんがあきらかに変なサイトが多数出てきています。それと同時にインデックスががくっと減りました。

少しずつ戻ってきている感じですが、関係があるんじゃないかと思います。
関連カテゴリー:インデックス
ystの順位変動
ystの順位変動ってだいたい2ヶ月ごとにやってるようです。それも月末です。昨日も大きな変動があったみたいですが月末ではないので過去と同じ定期的なものだとすると月末にもう一度変動があるかもしれません。

今回の変動のアルゴリズムは簡単だという話があります。まだいろいろなサイトをみて周ってないのでわかりません。

検索エンジン側としては、ちょっと動かすだけでどこかには問題が出てしまうということがあると思います。微調整したり、大きく動かしてみたり、フィルターを入れてみたりすごく盛んですが更新のペースがわかればそれに対応できるスピードに仕事量をあわせるしかないと思います。

そして、一度上位に入ったらあわせて行けばいいだけです。
関連カテゴリー:順位変動YST・google
キーワードの重みづけ
キーワードの重みづけは、hタグなどで行います。ちょっとまえはh1を入れるか入れないかでちょっとした議論になってました。

それでいろいろ調べてたころ、結構有名なseoサイトで個別のタグの問題ではなくhタグやstrongタグなどに与えられる配点とテキストの数の配点を合わせた点数がある一定のレベルを超えるとスパムという感じになるという記事があり、なんとなくは理解していました。

それで今回いろいろ試してみるとなんとなく実感できました。

実験というわけではないけど主要なサイトで上位を目指していろいろ試しています。

まずstrongを1つ、hタグを1~3まである程度正しく配置している段階で40位。

そして、strong1つ、hタグは1だけにすると60位。

そのままキーワードを増やしても変わらず。キーワードの配置を変えても変わらず。

hタグを元に戻すと40位。

強調タグ内以外のキーワードの配置や数を変えても変化なし。

この1ヶ月くらいほとんどのサイトがystであまり変動していませんが、我がサイトだけ40位だいから60位だいへ4回くらい行ったりきたり、キャッシュのたびに変動するのでわかりやすいです。

これは、hタグの使い方によって順位を上げることができるということかだと思います。キーワードの数がそれほど問題ではなくhタグの使い方重要なようです。
関連カテゴリー:キーワード
| HOME:無料ブログSEO対策 | 次ページ≫
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

関連広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。