キーワード 無料ブログSEO対策
TOP:無料ブログSEO対策 > キーワード
キーワードカテゴリー内の記事一覧
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キーワードの重みづけ
キーワードの重みづけは、hタグなどで行います。ちょっとまえはh1を入れるか入れないかでちょっとした議論になってました。

それでいろいろ調べてたころ、結構有名なseoサイトで個別のタグの問題ではなくhタグやstrongタグなどに与えられる配点とテキストの数の配点を合わせた点数がある一定のレベルを超えるとスパムという感じになるという記事があり、なんとなくは理解していました。

それで今回いろいろ試してみるとなんとなく実感できました。

実験というわけではないけど主要なサイトで上位を目指していろいろ試しています。

まずstrongを1つ、hタグを1~3まである程度正しく配置している段階で40位。

そして、strong1つ、hタグは1だけにすると60位。

そのままキーワードを増やしても変わらず。キーワードの配置を変えても変わらず。

hタグを元に戻すと40位。

強調タグ内以外のキーワードの配置や数を変えても変化なし。

この1ヶ月くらいほとんどのサイトがystであまり変動していませんが、我がサイトだけ40位だいから60位だいへ4回くらい行ったりきたり、キャッシュのたびに変動するのでわかりやすいです。

これは、hタグの使い方によって順位を上げることができるということかだと思います。キーワードの数がそれほど問題ではなくhタグの使い方重要なようです。
hタグ
最近順位がなかなか上がらないな~と思っていたらHタグつかいすぎかもしれないことにきずきました。今このサイトではないですが激戦キーワードで戦っているサイトがyahooで伸び悩んでいるんですがどこが問題かいろいろ考えていたらそこかなと思ったということです。

Hタグの使い方のパターン

  • ページtopでH1だけ使う

  • ページtopでH1、各見出しにh2、ページ上部の紹介文でh3

  • H1H2で大見出しと中見出し、H3で各見出し、H4でH3内の見出し→スパムの可能性



3つめが自分のサイトです。1つ目、2つ目は上位にあるサイトの使い方です。

サイトのディレクトリー構造とかも考えて使わないといけないと考えると自分のやり方はリスクが大きいというか、自分のところはディレクトリー構造にマッチしていませんでした。

TOPでだけ使うというのが一番リスクが少ないかもしれません。

H1は1つだけですが、H2はいくつもつかっていいようです。

このタグは使い方によってスパムになることがよく言われています。下位のタグに上位のページが入っていたり、上位のタグに下位のページはいっていると順位を下げられます。

すべてを使っている状態から外してみるとystで20位くらい下がったことがります。ystでは、正しくつけることで評価されるということだと思います。
キーワード配置
キーワード配置のしかたで、タイトルも含めてキーワードの文字列が不自然に並んでるとスパムになることがあるようです。

軽めのスパムにかかってるサイトのライバルサイトが2ヶ月くらい前に復活してたんですが、よくみるとタイトルに隙間がある。

そこに注目してみるとキーワードとキーワードの間すべてに半角スペースが入っていました。

もっと重要なことで下げられてるんだと思っていたので、完全に盲点でした。もしこれをやって復活したならば考え方を変えなければならないと思います。

まさかこんなことじゃないよね。
| HOME:無料ブログSEO対策 | 次ページ≫
関連広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。