サイト構成 無料ブログSEO対策
TOP:無料ブログSEO対策 > サイト構成
サイト構成カテゴリー内の記事一覧
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内部リンクの構成
内部リンクの構成は、

  • 1階層でtopページへリンク

  • 2階層でtopページへリンク

  • 3階層で関連サイトtopページ、第2階層へリンク

  • 全ページへリンク



とういう風にだいたいなっていますが、サイト作成から間もない初期は4番目の全ページへリンクが一番いいようです。インデックス数が少ないのでインデックス数が増えるということ内部リンクの加点かもしれません。

しかし、長期的にみるとページテーマを絞るという意味で2番目の2階層でtopページへリンクがいいようです。階層内部でも正しくテーマ分けしたフォルダを作ることが重要です。

サイト内部の自分で調整できる部分でも順位を上げる努力をすることはできるし、業者の入っていないキーワードでは、意外と順位を上げることができたりします。

50位くらいでくすぶっている人にお勧めです。
内部リンク
内部リンクがMSNでいいみたいです。それも、いろんなカテゴリーにバラバラに存在するんじゃなくて、1つのカテゴリーにフォルダをまとめておくと効果的なようです。

関連ページであっても、同一フォルダでないとダメみたいです。そして、それをまとめるページが上位に来るように思えます。

でも、ほかの要因も当然あると思うので、効果があるんじゃないかという所まで思います。

この辺のSEO対策にのめり込んでいます。

内部リンクでスパム
アウトバウンドリンクばかりが注目されていますが、内部リンクのやり方によってもSEO対策でうまくいくこともスパムになることもあると思います。

検索エンジンは、サイドバー部分とメインのコンテンツ部分を分解して理解していると一説には言われています。そうすると、実証ずみなのは、サイドバーに全ページのリンクを貼ってもいいということです。

しかし、当然ブログで記事中に全ページリンクを貼っているサイトは見たことがないです。

もしかしては、記事中は、関連性のページへのリンクなら内部リンクでも数にもよりますが、スパムとなって評価を下げられるんではないかということです。そして、それが結構厳格なのではないかということです。

当たり前のような気もするけど。
| HOME:無料ブログSEO対策 | 次ページ≫
関連広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。