無料ブログSEO対策
TOP:無料ブログSEO対策
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
内部リンクの構成
内部リンクの構成は、

  • 1階層でtopページへリンク

  • 2階層でtopページへリンク

  • 3階層で関連サイトtopページ、第2階層へリンク

  • 全ページへリンク



とういう風にだいたいなっていますが、サイト作成から間もない初期は4番目の全ページへリンクが一番いいようです。インデックス数が少ないのでインデックス数が増えるということ内部リンクの加点かもしれません。

しかし、長期的にみるとページテーマを絞るという意味で2番目の2階層でtopページへリンクがいいようです。階層内部でも正しくテーマ分けしたフォルダを作ることが重要です。

サイト内部の自分で調整できる部分でも順位を上げる努力をすることはできるし、業者の入っていないキーワードでは、意外と順位を上げることができたりします。

50位くらいでくすぶっている人にお勧めです。
これからどうするか
SEOのリンクに関しては、忍者のようなブログサービス会社が貼り付けるサービスをしていることで、どれくらい効果があるかはわからないけどいずれは否定されるんじゃないかと思います。

yahoo人が言ってることだからちょっと考えるところがあるけど感じがするけど、リンクを評価する時代じゃないということを言う人もいる。

これからより性能がよくなっていくとSEOスパムというものはできなくなっていくということだと思います。そして、最後は、結局記事を評価するというところに戻ってしまう。

そうならないためには、リンクの評価をスパムの後追いしていくか新しい情報の流れを把握するしかない。何とかそれはすでに始まっているかもしれないという感じはある。

そう考えるとリンクの置きかたが重要になってくるかもしれない。業者では置けないリンクの置きかた。それは、記事の中で文章の一部としてのリンク。

これが重要かもしれない。まだなんとなくだけどちょっと前から記事部分とサイドのインデックス部分を分けて評価しているとMSNは言われていた。

ほかの検索エンジンもそうなっていって、さらには、記事部分を厳格に評価するようになるのか、なっているのか。これからはこういうのに力を入れて生きたい。
hタグの重み
昨日HタグをH1を除いてすべて外したら、50位くらいから70位くらいに落ちていました。

ほかの要素の変更はないし、他のサイトがほとんど移動していなかったので、たぶんhタグの変更が原因だと思います。

キーワードの重み付けが原因で順位が下がってると思っていたらそうではないようです。

今は、h1~h4まで使っている状態でそれをすべてspanに変えていたんですが、順位が下がったということで主要部分のだけタグを元に戻しました。

いろいろ他のサイトを見てみると使い方としては、意味にあわないでしょうと思うところが多々あります。サイト紹介文の文章すべてをh4に入れたりとか。

こういう使い方をしてるサイトが上位にあるとなるとどうなんだろうと思ったりします。
≪前ページ | HOME:無料ブログSEO対策 | 次ページ≫
関連広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。